== スタッフ日記 ==

海外の玄関ドアは内開き 日本はなぜ外開きなのか?

こんにちは!小松商事のMIZOGUCHIです(^^)/

輸入住宅をメインにご提案している弊社ですが、お客様から要望がない限り

取り入れない海外様式が大きいもので3つあります。

まずは土足OK←こちらは未だかつて要望はありません。

次はお風呂とトイレが一緒🚻🛁←こちらは何度かご要望がありました。

そして、最後の一つは玄関ドアの内開き!←こちらも未だにご要望はゼロ。

今回はこのドアの開き勝手についてクローズアップしてみました!

家屋の玄関扉一つをとっても国によって文化的な違いがでます。

今では日本でも引き戸よりドアが一般的ですが、元来ドアを使ってきた欧米が内開き

なのに対して日本は外開き。なぜなんでしょうか?

まず、海外(特に欧米)のドアが内開きである理由ですが、これは防犯上の理由

からだといわれています。

玄関ドア 内開き


不審者が無理やり中に入ってこようとしたとき、内開きのドアなら全体重をかけてドア

を押して閉め、さらに家具を立て掛けるなどすれば、侵入を防ぐことができるからです。

では日本ではなぜ外開きなのでしょうか?

玄関ドア-外開き

ご存知の方も多いと思いますが、もっとも大きな理由は、日本では

玄関で靴を脱ぐ習慣があるからです。

もし内側にドアが開いてしまうと、脱いだ靴などが邪魔をして開閉がとても不便です。

お気に入りの靴が潰されてしまうこともあるでしょう。たたき(履物を脱ぐ場所)が狭くなり、

靴を脱ぐことも難しくなりますね。そこで、限られた玄関のスペースを最大限に利用する

考えから外開きのドアになったといわれています。

また一方で、ドアに付着した雨やホコリなどのゴミも、外開きにすることで室内への

侵入を防ぐことができます。

雨が続いたり台風がやってくる日本の気候からも理に適っているといえます。

欧米で防犯が理由とされたのに、それが日本ではあまり大きな理由とならなかったのは、

ドアが普及した頃の日本の文化が関係しているのかもしれません。

かつては玄関に鍵をかけることなく出かけ、また近所の誰もが気軽に

お邪魔するのが当たり前でした。そうした「安全」が前提のころには、

防犯よりも靴を脱いで家に上がる習慣の方が重要だった、ということかもしれません。

ちなみに日本でも違う理由で古くから内開きのドアを採用している例が

あるのをご存知でしょうか? それは公共のホテルやオフィスビルなどです。

これは防災時に避難経路の妨げにならないよう通路側にはドアが開かないように

しているそうです。

ドアの開き方ひとつにも、それぞれ深い理由があるようです。


リッチモンドホームHPはこちら

「いいね」で応援お願いします


ポチッ( ☞◔ ౪◔)☞と応援お願いします
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村

輸入住宅 ブログランキングへ
輸入住宅 ブログランキングへ
注文住宅(業者) ブログランキングへ

┗ 10:56:02 ━ Page top ━…‥・

== スタッフ日記 ==

あなたのお子様の肌着を選ぶならポリエステル?それとも綿100%?

注文住宅・リノベーションを計画するにあたり、あなた何にこだわりたいですか?

こういう質問をすると、間取り、性能、耐震性、設備、デザインetc.様々あると思い

ますが、あまり床材にこだわりたいという方はいらっしゃらないのではない

でしょうか。ただ海外では床材にこだわりたいという方はとても多く、そのお客様に

対応できるよう、様々な樹種の無垢フローリングをはじめ、、無垢特有の反りや

収縮防止加工がされている無垢エンジニアリングフローリングという商品が

数多くあります。

では、なぜ日本ではあまり流通せず、よく皆様が目にする合板フローリング

(合板フローリングとは一般的に合板に0.2~0.3mmの化粧材や突板を接着剤

で合板に貼り付けた化粧合板の事をいいます)ばかりが普及したかというと、

まずは安価である事、施工性がいい事、そして一番の理由としては、

大手の建材メーカーさんや、ハウスメーカーさんが反り、収縮等のクレームが

でないよう、合板フローリングをお客様に進めてきたからです。

もちろん、住んでから10年程度であれば住まい方によりますが、

それほど気になる事はないと思います。

しかし15年、20年、30年たった合板フローリングを見たことはありますか?

私は仕事で中古物件の買取や査定をする事もあり、色々なお宅を見させていただ

いているのですが10年以上たったお家の合板フローリングは表面の

塗膜が剥がれたり、物を落とした時の衝撃で傷がつき下地のべニアが見えたり

している事が多く見受けられます。

そして、そういうふうになってしまった床材は補修が非常に難しく、

交換をしたいとなると、費用はもちろんのこと、住まいてが仮住まいをしなければ

いけないなど、色々な面で負担をしいられます。

しかし、そういった床材でも、実際に統計をとったわけではありませんが

現時点で日本の住宅やマンションで使われているほとんどの床が

未だこの合板フローリングというのが現状です。

デメリットばかりを言ってしまいましたが、この合板フローリングも日々進化しており、

昔に比べ良い商品が出ているのも事実です。傷や摩擦に強いものや、

防音性に優れたもの、そして以前はこのフローリングに使われている

接着剤がシックハウス症候群を引き起こす事で問題となりましたが、

最近では低ホルムアルデヒドの接着材を使っているということで、

以前に比べると問題は減っているようです。


ではなぜリッチモンドホーム、リボーン(株)小松商事がそういった便利な

床材があるのに無垢の床材にこだわるか・・・


それは本気でお住まいになられる方の健康と、

住宅としての価値を50年、100年としっかり保てるよう考えているからです。

家の中で唯一、肌と触れる時間が多い床材。

まず合板フローリングのお宅と無垢フローリングのお宅を比べてみると、

合板フローリングのお宅ではスリッパで生活される方が多いのに比べ、

無垢フローリングのお宅では圧倒的に裸足の方が多いのです。

ちなみに我が家はオークの無垢フローリングを敷いているのですが、

家族みんな裸足です。

やはり自然素材が快適という、人間の心理的な物・・・というより遺伝子レベルで

本物の木の良さというのはわかるんでしょうかね~。

そう考えてみるといつも肌に触れている肌着のようにも思えます。

あなたがもしあなたのお子様に肌着を選ぶとしたらポリエステル等の

化学繊維で作られた肌着と、綿100%の肌着どちらを選びますか? 

自分であれば何でもいいという方も多いかもしれませんが、

お子様に着させるとなると、圧倒的に綿100%という方が

多いと思います。

床も同じです。自分だけではなく、家族も常に触れている床だからこそ

無垢にこだわって頂きたいのです。

これが私たちが無垢こだわる健康面での一番の理由です。

そして、何十年も保てるようにという事について、例えば住宅設備に関していえば、

いわゆる消耗品でいずれは必ず交換が必要な物で、

交換は買い替えるだけですみます。

一番大変そうなお風呂の交換でも2日もあれば十分に工事が終わります。

しかし、床はどうでしょうか?これを交換するとなると一苦労で、

場合によってはお住まいになられてる方には一度、別のところに

仮住まいして頂かなければなりません。

そして、合板フローリングというのは、接着剤で施工しているところが多いので、

解体時に下地までいじめてしまう可能性があり、新築時の床工事以上に、リ

フォームの場合は費用がかかります。

では無垢フローリングはどうか・・・まず無垢材のデメリットといえば、

収縮、反りが一番に挙げられます。

しかし本物の木は呼吸しており、時期によって水分量も変わるため

まったく動かない無垢材というのはありませんが、これに関しては、

樹種や木の産地によって、収縮や反り方が大きく異なります。

ちなみに反り、収縮等、傷等が気になる方にお勧めなのは、

堅木と呼ばれる、オークや、ウォルナット、ヒッコリー等、

又は2~4㎜程度の無垢の引板を合板に張り付けた

エンジニアリングフローリングがお勧めです。

傷も味だし多少動いてもそれが木の良さだという方であれば、

パインや、バーチ、メープル等がお勧めです。

以上のように無垢材の場合お住まいになる方の好みによって

様々対応する事ができます。

そして、メリットですが、これがデメリット以上に大きいです。

無垢材というのは人の肌に触れれば触れただけ、いい味わいとなり、

色の変化や艶も楽しむ事ができます。

そして傷ついた場合でも、容易に補修する事ができ、最悪の場合は

傷がついたフローリングのみ一枚を交換する事も可能です。

以上の事から、無垢のフローリングは一生もの・・・いやそれ以上に長持ちし、

お手入れの仕方によっては寺院や仏閣に敷かれている床のように、

何十年、何百年ともち、それが建物の価値にも大きく関わってきます。

だからこそ私たちのコンセプトである【100年後の子供たちに誇れる家】を作るには

気密断熱構造はもちろんの事、家族が安心して触れる床、

そしてメンテナンスが出来る無垢の床が不可欠なのです。



最後にグループの会社(株)山商の宣伝をさせてください!!

数ある無垢フローリングの中でも、弊社で推奨するのは、Antique Impressions

というカナダの床材メーカーの床材でアルダー、ヒッコリー、オーク、

ダグラスファー等、カナダの木材を使って、一枚一枚丁寧に床を作っております。

なおこちらの床材は弊社のグループ会社である(株)山商が代理店をしております。

ちなみに、私ミゾグチが(株)山商の建材販売も兼任しておりますので、

もしご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせ下さいませ



今日は珍しく長いブログを最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

                                    
                                            溝口 力


リッチモンドホームHPはこちら

「いいね」で応援お願いします


ポチッ( ☞◔ ౪◔)☞と応援お願いします
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村

輸入住宅 ブログランキングへ
輸入住宅 ブログランキングへ
注文住宅(業者) ブログランキングへ
┗ 15:46:52 ━ Page top ━…‥・

== スタッフ日記 ==

11月に突入!!!!!

リッチモンドホームの溝口です(^o^)!!

久しぶりのブログ更新となってしまいました(;^ω^)

今年も残すところあと2ヶ月となってしまいましたが、この2ヶ月で

また弊社でもいろいろと動きが・・・

大工さん不足で止まっていた、マンションのリノベーション現場や、

館ガーデンヒルズに予定していた、常設展示場がいよいよ、本格的に動き出します

ちなみにマンションのリノベーションは二日町と大和町の2カ所の現場は今月着工でどちらも

来年の1~2月頃の完成を目指しています

そして、現在進行中ではありますが、リッチモンドスクエア岩沼ではCOCO壱番屋様と

カフェ&スイーツなちゅらる様が11月末のオープンに向け、とてつもない

スピードで現場が動いております

今からオープンがとても楽しみですね~

これから着工する現場もまたブログに上げていきますので、

どうぞお見逃しなく ← ちゃんと更新するよう頑張ります(^▽^;)
┗ 15:18:08 ━ Page top ━…‥・

== スタッフ日記 ==

仙台満開宣言!!

こんにちは~

昨日仙台で、桜満開宣言がでましたね~


DSC_0959.jpg


今日はあまりお天気良くないですが、昨日の仙台は若干肌寒くも春の陽気に包まれていたので

会社近くの、錦町公園にてパシャリ


DSC_0956.jpg


ちょうどお昼時に通ったのですが、お花見ランチをしてる人で賑わってましたね~

ちなみにここからアングルだとあまり人が見えませんが、ベンチがあるところや、奥の芝生

のところはたしかに賑わってました(笑)

皆様もどうぞお花見シーズンを楽しんで下さいませ~

DSC_0958.jpg


リッチモンドホームHPはこちら

「いいね」で応援お願いします


ポチッ( ☞◔ ౪◔)☞と応援お願いします
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村

輸入住宅 ブログランキングへ
輸入住宅 ブログランキングへ
注文住宅(業者) ブログランキングへ






┗ 15:37:38 ━ Page top ━…‥・

== スタッフ日記 ==

ブログ更新停滞脱出!!!

おおばんです~

ひっさしぶりのブログ更新・・・ダメですね(^_^;)

今年に入ってから、怒涛のような毎日を過ごしており(←ありきたりな言い訳)なかなか

手をつけられてませんでした~

ブログは滞ってましたけど、リッチモンドホームの動きは更に活性化しており、

近況のご報告からいたしますと、岩沼の店舗の確認申請がおり、来月からいよいよ着工

そして、マンションリノベーション事業の開始この事業につきましてはただの買取⇒リノベ⇒再販

ではなく、ちょっと面白い事考えてます

そして、本業の住宅の方では、2月~3月にかけて多賀城大代にある建売の契約及び

引渡しが3棟と本当に感謝の連続でございます

より皆様の近くにリッチモンドホームを感じていただけるよう頑張りますので、

これからも宜しくお願い致します<(_ _)> 


リッチモンドホームHPはこちら

「いいね」で応援お願いします


ポチッ( ☞◔ ౪◔)☞と応援お願いします
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村

輸入住宅 ブログランキングへ
輸入住宅 ブログランキングへ
注文住宅(業者) ブログランキングへ




┗ 17:25:30 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old