== スタッフ日記 ==

あなたのお子様の肌着を選ぶならポリエステル?それとも綿100%?

注文住宅・リノベーションを計画するにあたり、あなた何にこだわりたいですか?

こういう質問をすると、間取り、性能、耐震性、設備、デザインetc.様々あると思い

ますが、あまり床材にこだわりたいという方はいらっしゃらないのではない

でしょうか。ただ海外では床材にこだわりたいという方はとても多く、そのお客様に

対応できるよう、様々な樹種の無垢フローリングをはじめ、、無垢特有の反りや

収縮防止加工がされている無垢エンジニアリングフローリングという商品が

数多くあります。

では、なぜ日本ではあまり流通せず、よく皆様が目にする合板フローリング

(合板フローリングとは一般的に合板に0.2~0.3mmの化粧材や突板を接着剤

で合板に貼り付けた化粧合板の事をいいます)ばかりが普及したかというと、

まずは安価である事、施工性がいい事、そして一番の理由としては、

大手の建材メーカーさんや、ハウスメーカーさんが反り、収縮等のクレームが

でないよう、合板フローリングをお客様に進めてきたからです。

もちろん、住んでから10年程度であれば住まい方によりますが、

それほど気になる事はないと思います。

しかし15年、20年、30年たった合板フローリングを見たことはありますか?

私は仕事で中古物件の買取や査定をする事もあり、色々なお宅を見させていただ

いているのですが10年以上たったお家の合板フローリングは表面の

塗膜が剥がれたり、物を落とした時の衝撃で傷がつき下地のべニアが見えたり

している事が多く見受けられます。

そして、そういうふうになってしまった床材は補修が非常に難しく、

交換をしたいとなると、費用はもちろんのこと、住まいてが仮住まいをしなければ

いけないなど、色々な面で負担をしいられます。

しかし、そういった床材でも、実際に統計をとったわけではありませんが

現時点で日本の住宅やマンションで使われているほとんどの床が

未だこの合板フローリングというのが現状です。

デメリットばかりを言ってしまいましたが、この合板フローリングも日々進化しており、

昔に比べ良い商品が出ているのも事実です。傷や摩擦に強いものや、

防音性に優れたもの、そして以前はこのフローリングに使われている

接着剤がシックハウス症候群を引き起こす事で問題となりましたが、

最近では低ホルムアルデヒドの接着材を使っているということで、

以前に比べると問題は減っているようです。


ではなぜリッチモンドホーム、リボーン(株)小松商事がそういった便利な

床材があるのに無垢の床材にこだわるか・・・


それは本気でお住まいになられる方の健康と、

住宅としての価値を50年、100年としっかり保てるよう考えているからです。

家の中で唯一、肌と触れる時間が多い床材。

まず合板フローリングのお宅と無垢フローリングのお宅を比べてみると、

合板フローリングのお宅ではスリッパで生活される方が多いのに比べ、

無垢フローリングのお宅では圧倒的に裸足の方が多いのです。

ちなみに我が家はオークの無垢フローリングを敷いているのですが、

家族みんな裸足です。

やはり自然素材が快適という、人間の心理的な物・・・というより遺伝子レベルで

本物の木の良さというのはわかるんでしょうかね~。

そう考えてみるといつも肌に触れている肌着のようにも思えます。

あなたがもしあなたのお子様に肌着を選ぶとしたらポリエステル等の

化学繊維で作られた肌着と、綿100%の肌着どちらを選びますか? 

自分であれば何でもいいという方も多いかもしれませんが、

お子様に着させるとなると、圧倒的に綿100%という方が

多いと思います。

床も同じです。自分だけではなく、家族も常に触れている床だからこそ

無垢にこだわって頂きたいのです。

これが私たちが無垢こだわる健康面での一番の理由です。

そして、何十年も保てるようにという事について、例えば住宅設備に関していえば、

いわゆる消耗品でいずれは必ず交換が必要な物で、

交換は買い替えるだけですみます。

一番大変そうなお風呂の交換でも2日もあれば十分に工事が終わります。

しかし、床はどうでしょうか?これを交換するとなると一苦労で、

場合によってはお住まいになられてる方には一度、別のところに

仮住まいして頂かなければなりません。

そして、合板フローリングというのは、接着剤で施工しているところが多いので、

解体時に下地までいじめてしまう可能性があり、新築時の床工事以上に、リ

フォームの場合は費用がかかります。

では無垢フローリングはどうか・・・まず無垢材のデメリットといえば、

収縮、反りが一番に挙げられます。

しかし本物の木は呼吸しており、時期によって水分量も変わるため

まったく動かない無垢材というのはありませんが、これに関しては、

樹種や木の産地によって、収縮や反り方が大きく異なります。

ちなみに反り、収縮等、傷等が気になる方にお勧めなのは、

堅木と呼ばれる、オークや、ウォルナット、ヒッコリー等、

又は2~4㎜程度の無垢の引板を合板に張り付けた

エンジニアリングフローリングがお勧めです。

傷も味だし多少動いてもそれが木の良さだという方であれば、

パインや、バーチ、メープル等がお勧めです。

以上のように無垢材の場合お住まいになる方の好みによって

様々対応する事ができます。

そして、メリットですが、これがデメリット以上に大きいです。

無垢材というのは人の肌に触れれば触れただけ、いい味わいとなり、

色の変化や艶も楽しむ事ができます。

そして傷ついた場合でも、容易に補修する事ができ、最悪の場合は

傷がついたフローリングのみ一枚を交換する事も可能です。

以上の事から、無垢のフローリングは一生もの・・・いやそれ以上に長持ちし、

お手入れの仕方によっては寺院や仏閣に敷かれている床のように、

何十年、何百年ともち、それが建物の価値にも大きく関わってきます。

だからこそ私たちのコンセプトである【100年後の子供たちに誇れる家】を作るには

気密断熱構造はもちろんの事、家族が安心して触れる床、

そしてメンテナンスが出来る無垢の床が不可欠なのです。



最後にグループの会社(株)山商の宣伝をさせてください!!

数ある無垢フローリングの中でも、弊社で推奨するのは、Antique Impressions

というカナダの床材メーカーの床材でアルダー、ヒッコリー、オーク、

ダグラスファー等、カナダの木材を使って、一枚一枚丁寧に床を作っております。

なおこちらの床材は弊社のグループ会社である(株)山商が代理店をしております。

ちなみに、私ミゾグチが(株)山商の建材販売も兼任しておりますので、

もしご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせ下さいませ



今日は珍しく長いブログを最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

                                    
                                            溝口 力


リッチモンドホームHPはこちら

「いいね」で応援お願いします


ポチッ( ☞◔ ౪◔)☞と応援お願いします
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村

輸入住宅 ブログランキングへ
輸入住宅 ブログランキングへ
注文住宅(業者) ブログランキングへ
┗ 15:46:52 ━ Page top ━…‥・

== Villa Felicia 泉展示場 ==

床合板貼り

こんにちは

基礎工事完了後、大工さんが現場に乗り込んでから天気にも恵まれ、

順調に工事が進んでおります

設備屋さんの配管と、換気システムの設置が完了し、土台敷き、

床合板貼りの順で進んでいますが、やはり大きいだけあって大工さん

二人がかりでも結構かかりますね~(;・∀・)

では写真をみながら進捗をご覧くださいませ


こちらの澄家Eco-Sは温度交換率90%と、熱交換型換気システムの中でも

トップクラスの換気システムです。さらに湿度交換率も高いので、冬には過乾燥を防ぎ、

夏には蒸し暑さを緩和します。エアコンの除湿負荷が減るので更なる省エネにも効果的。

また、ハイブリットシステムと組み合わせた、澄家Eco-Sハイブリットは、

3年連続で経済産業省「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」のプラス・ワンシステム

に認定されるなど高い評価を頂いているシステムです

澄家Ecoスーパーの詳細はこちらをクリック


DSC_3512.jpg


DSC_3511.jpg


今回は水回りも多いので、設備配管も多いですね
DSC_3510.jpg


建物の対角の距離がかなりあり、向こう側の大工さんが見えません(笑)
DSC_3513.jpg


DSC_3514.jpg

床合板貼りが完了し、次回建て方にはいるまで雨が降っても大丈夫なように、

がっちり養生しております

DSC_3536.jpg

それにしても壁材が現場に届いたのですが、凄い量の壁です

DSC_3508.jpg

こちらは弊社のモデルルームで、注文住宅現場を優先しているので少し大工さんが

抜けますが、建て方がとても楽しみです


リッチモンドホームHPはこちら

「いいね」で応援お願いします


ポチッ( ☞◔ ౪◔)☞と応援お願いします
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村

輸入住宅 ブログランキングへ
輸入住宅 ブログランキングへ
注文住宅(業者) ブログランキングへ





┗ 16:52:45 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old